スキップしてメイン コンテンツに移動

北海道旅行 2017年夏

お盆明けに、帰省を兼ねて家族で北海道旅行しました。
 
最初に訪れたのは二十数年ぶりの登別温泉です。
 
地獄谷では煙がもくもくしていて
 
天気も小雨で霧がかっていたので
 
全体的に視界が白でした。
 
地面には白濁の温泉があちらこちらに沸いていました。
 
 
こんな景色の中あの温泉に入れたら
 
気持ちいいだろうな~と思って眺めていたら
 
大湯沼の立て看板に
 
「周囲1km深さ22mの湯の沼
 
表面50℃最深部130℃
 
中州に入ると埋ります。」
 
と書いてありました。
 
 
絶対に足を踏み入れてはいけない!
 
と強く思いました。
 
その後に行った天然足湯は
 
川みたいなところに温泉が流れていて最高でした。
 
 
 
 
翌日は、登別から実家に向かう途中に
 
白老のアイヌ民族博物館に寄りました。
 
エントランスを通ると左側にポロト湖が広がっていて
 
右側には資料館やチセというアイヌ民族の家が並んでいます。
 
アイヌ民族の歌や踊りは聞き鳴れない言葉や旋律が使われていて
 
新鮮で不思議な気持ちになりました。
 
 
 
ソフトバンクのCMのお父さんは北海道犬だそうで
 
敷地内にはお父さんの娘さんのゆめちゃんがいました。
 

 
 
お父さんは本当にお父さんだったんですね。
 
 
一番印象深かったのは
 
エントランス入ってわりとすぐのところにいた熊さん。
 
 
北海道のおみやげ屋さんで売ってそうな
 
鮭にかじりついてる野生の熊さんとは一味も二味も違う
 
憎めない感じの愛くるしいフォルムの熊さんでした。
 
 
 
そして翌日は
 
実家の両親と甥っ子達と一緒に大好きな恵庭のえこりん村へ行きました。
 
えこりん村では動物ゾーン、庭園ゾーン、とまとの森などがあるゾーンと
 
分かれているのですが
 
動物ゾーンの「みどりの牧場」では
 
トラクターで牽引する汽車のような乗り物に乗って
 
ガイドさんの説明を聞きながら牧場内をぐるーっと回ります。
 
牛のような羊がいました。
 
ジェイコブというそうです。
 
 
アルパカもいました。
 
毛を刈って夏服バージョンになっていました。

 
かわいくて味もおいしいアルパカソフトを食べました。

 
そのあと庭園で存分遊んだ後は
 
トマトの森へ。
 
一粒の種から水耕栽培で育てられたトマトは
 
今年もたくさん生っていました。
 
 
 
あとは実家に帰ってBBQしたり花火したりの
 
夏を濃縮したような充実した時間を過ごせました。
 
今回の帰省は
 
直前までどうしようかな~と悩んでいて
 
6日前に決めてバババババっと飛行機やら宿やら手配して
 
行くことになったのですが
 
行って良かった!夏の北海道は本当に良いです。
 


 

コメント

このブログの人気の投稿

江戸川橋地蔵通りマルシェ

有楽町線の江戸川橋駅を降りてから2本くらい入ったところに 地蔵通り商店街というのがまっすぐに続いているんですが 以前からそこを通るたびに 「江戸川橋地蔵通りマルシェ 青空市」という 気になる看板を見つけていました。 この青空市は以前は月2回開催されてたようですが 今は第4日曜日に行われていて 日曜日はシャッターの閉まるお店が多い商店街で 手づくり作品や食品なんかを販売できるとのこと。 商店街活性化の一環なのだとか。 申し込みなどを統括しているのは商店街にあるくつやさんで、 昨日ついに、話を聞きにくつやさんへ行ってみました。 くつやさんでは

お店の人が出店についてひとつひとつ丁寧に説明してくれました。 今月の出店(22日)はまだ余裕があるとのことだったので ついでに申し込んできてしまいました。 ただ、今の時期は寒いから お客さんも出店者さんも少ないようなことも教えてくれました。 驚きなのは 出店料1000円で、しかもテーブルやテーブルクロス、 パラソルは用意してくれるそうです。 しかもしかも! くつやさんだけに空き箱はいっぱいあるから ディスプレイで必要だったら貸してくださるとのこと。 至れりつくせりです。 最後にお店の人が 「寒いから頑張ってね」と言ってくれました。 寒いかもしれないけど心はじゅうぶんあったまりました。 時間は11時から17時までです。 今朝の天気予報では、日曜日は気温は高いけど 春一番の可能性もあるとかないとか・・ この「春一番」というのは重要です! 風は雨と同じくらい強敵なのです。 寒さと風対策をしっかりして、 あと2日しかないけど日曜日に備えたいと思います。 今回のは久しぶりの手作り市になるので 緊張と楽しみが入り混じった新鮮な気分です。 手づくり市が開催されてない日曜日の地蔵通り商店街は 閉まってるお店も多く人通りは少なめの印象でしたが それが青空市ではどんな風なのか、 あと「商店街」という今までとまた違った雰囲気で出店できるのも 楽しみです。 ***** 最近、新たに毛糸きのこを3つ作りました。
てっぺんには、ストラップも掛けれるように ひっかけるところを付けました。 一つは傘の部分がスライムみたいな形になりました。 結果、あまり冒険しすぎない方がいいと学びました。 もう少しキノコの研究を続けたいと思います。

コーヒーフィルターのお花

実家にはお母さんの作った花がたくさん飾られています。 実はこれ 花の部分はすべて使い終わったコーヒーフィルターを再利用して 作られています。 私の家族はみんなコーヒーをよく飲みます。 使用後のコーヒーフィルターの素朴な色の濃淡を見て 何かに利用できないかな、と考えていたお母さんは ある日これで花を作ってみよう!とひらめいたらしいです。 フィルターは一度乾燥させてから 花びらから一枚一枚手作りして花を作っていきます。 もともと独学で昔ペーパーフラワーを作っていたのは知っているけど セピア色のこの控えめな感じが私は好きです。 実家に帰るたび花が増えどんどんゴージャスになっていくので 家に帰るとまず今回の新作はどれかな?と 探すのがちょっぴり楽しみにもなっています。 今回の帰省では あみぐるみ製作道具を一式持って帰っていたので リビングで作業していたら お母さんも自分の花づくりの道具を持ってきて 一緒に作業していました。 連日深夜1時2時までおしゃべりしながらの手作業・・ 楽しゅうございました。 二人とも完成~わーい!




旅立ち

少し前にminneを始めまして なんと昨日、初めてのご注文をいただき 朝から胸いっぱいの気持ちになりました。 ご注文いただいたのはカメブローチで 早速発送準備に取り掛かりました。 旅立ちの前に仲間のカメたちとお別れの挨拶をしました。 ちゃららら~ん 今までありがとう。元気でね。 さようならー! 仲間のカメたちに見送られて 今日新しいご主人様の元へと旅立ちました。 無事に届きますように。 そして新しいご主人様に気に入っていただけますように・・ そんな昨日は偶然にも池袋サンシャインの水族館へ行き 本物のカメさんを見ました。 本物カメさんはずっと岩の上で休憩していました。 笑っているみたいな魚もいました。
大きい水槽の前に立つと まるで自分が海の中にいるみたいな気分になりました。
絵本の世界みたいな色鮮やかな水槽もありました。
そして空飛ぶペンギンコーナーへも行きました。 水槽越しに高層階マンションが見えて あぁ都会っぽい・・と思いました。